都民の森ニュース一覧

約60年前の植物標本発掘?!

 檜原都民の森で自然教室の講師をしている高校の元教員が、自身が勤める高校で発掘した1958年(63年前)の植物標本を持ってきてくれました。当時の教員が理科の授業で使うための標本ではないかと考えられ、「上野科学」という標本商から購入した標本のようでした。

 また、この標本は昭和34年(1959年)と書かれた新聞紙に包まれて保管されていました。新聞記事には当時のアメリカ軍が開発していたミサイル開発の事や、歴史の教科書に登場するマッカーサー元帥の事などが書かれていました。

 古い標本は当時を知る貴重な資料であると同時に、「過去に生きていた生き物を保存」することで、未来の人が調べたりするのにも必要とされているようですね!

関連記事

コメントは利用できません。

都民の森ニュース

  1. 2021.10.10

    色変わりのヤマトリカブト発見

     売店から森林館へ向かう道中、右手側に色変わりのヤマトリカブトが咲いていました。
  2. 2021.9.25

    ニホンジカ現る

     17時半に駐車場を閉鎖して園内から人影がなくなりはじめた18時半頃、どこからともなくニホンジカが...
  3. 2021.9.23

    ミニバードウォッチング

     森林館付近ではトチノキの実がたくさん落ちる季節となり、葉もだいぶ色づいてきました。
  4. 2021.9.8

    リモート自然教室~スジクワガタ編

     森林館のなかへ1匹のスジクワガタのメスが迷い込んでいました。
  5. 2021.9.7

    三頭大滝

     三頭大滝はここ数日の長雨で増水していました。