都民の森ニュース一覧

ミヤマツチトリモチの開花

「生活の森の砥石山山頂付近でミヤマツチトリモチが開花しています!」と、いつも来る来園者が教えてくれました。ミヤマツチトリモチはキノコのような姿をしていますが、東京都絶滅危惧Ⅱ類に指定される希少種で、雌雄異株のちゃんとした植物です。ただ、葉や気功がなく花だけを咲かせ、カエデやシデ類の木の根に寄生しています。花もほとんど落ち葉のなかに埋もれるように咲いているので、普通に歩いているだけだと中々見つけることができません。また雌雄異株とは言っても、未だ雄が発見されていないことで知られる不思議な植物です。

9月2日(水)自然教室「寄生植物とミヤマツチトリモチ」も開催予定です。

(写真は立川市在住の方から提供していただいたものです。)

関連記事

コメントは利用できません。

都民の森ニュース

  1. 2020.11.25

    モミの葉でクリスマスリース

    11月23日には自然教室で行ったワークショップで、本物のモミの葉を使ったクリスマスリースをみんなで作...
  2. 2020.11.21

    檜原都民の森もクリスマスモード

    本日より、森林館の1階にクリスマスツリーを飾りました。
  3. 2020.11.18

    紅葉もそろそろおしまい

    檜原村では、朝晩と冷え込む季節となりました。管理事務所内ではストーブが手放せません。
  4. 2020.11.14

    紅葉の森でガイドウォーク

      今日は、ボランティアガイドとセラピーロードを歩く「紅葉の森でガイドウォーク」...
  5. 2020.11.1

    人里のライトアップ

    檜原都民の森から武蔵五日市駅へ向かう道中、人里(へんぼり)では紅葉がライトアップされていました。