都民の森ニュース一覧

ジュウイチの初鳴きがありました

本日はジュウイチの初鳴きがありました。冬季に東南アジアで越冬していたジュウイチは、今頃の季節になると繁殖のために日本や周辺の国へ渡ってきます。ジュウイチはカッコウの仲間で、オオルリやコルリ、ルリビタキなどの青い野鳥の巣に自分の卵を産み落とし、他の親に育てさせるという「托卵(たくらん)行動」をするので知られる野鳥です。園内でも2年ほどまえにオオルリの巣へジュウイチが托卵をしているのが見つかりました。写真はそのときの托卵されている様子です(巣の中のヒナがジュウイチ(左側)で、右側がオオルリ)。

関連記事

コメントは利用できません。

都民の森ニュース

  1. 2021.4.14

    2種類の葉を出すスミレ

    売店から森林館まで歩いて行く途中、道脇ではいくつかの花が観られる季節となりました。
  2. 2021.3.31

    シカから希少植物を守る「植生保護柵」とは?

     皆さんは「植生保護柵」を知っていますか?登山道で時々見かける高さ2メートル近くあるネットの柵を、...
  3. 2021.3.13

    令和3年度写真コンテスト結果発表

    「檜原都民の森写真コンテスト」の村長賞、優秀賞が決定いたしました。
  4. 2021.2.26

    本日の登山道状況

    ここ数日は暖かい日が続き、だいぶ登山道の残雪も溶けてきたようです。
  5. 2021.2.20

    ベニマシコ

    檜原都民の森では冬の間だけ、このスズメほどの大きさの「ベニマシコ」がやってきます。