都民の森ニュース一覧

雪上に足あと?!

雪が降り積もる季節に朝早く登山へ出かけると、雪の上に動物の足あとが残されていることがあります。どんな動物の足あとなのか分かると、雪山の登山もまた楽しくなります!

 

「ホンドテンの足あと」

この都民の森ニュースのトップ画になっている動物の足あとです。イタチの仲間は5本指がはっきり雪に残っています。

 

「ニホンジカの足あと」

偶蹄目の仲間のシカは蹄(ひづめ)を持っているのが特徴です。ニホンカモシカと足あとの区別はほとんどできません。

 

「ニホンリスの足あと」

前方の大きい足あとは後足で、後方の小さい足あとは前足です。跳び箱を飛ぶように走り去っていったのが分かります。

 

「コガラの足あと」

野鳥のコガラが歩き回ったあとの足跡です。コガラは「歩く」というよりも、「ジャンプ」しながら前へ移動していきます。

皆さんもいろんな動物の足あとを探してみてください!

関連記事

コメントは利用できません。

都民の森ニュース

  1. 2021.4.14

    2種類の葉を出すスミレ

    売店から森林館まで歩いて行く途中、道脇ではいくつかの花が観られる季節となりました。
  2. 2021.3.31

    シカから希少植物を守る「植生保護柵」とは?

     皆さんは「植生保護柵」を知っていますか?登山道で時々見かける高さ2メートル近くあるネットの柵を、...
  3. 2021.3.13

    令和3年度写真コンテスト結果発表

    「檜原都民の森写真コンテスト」の村長賞、優秀賞が決定いたしました。
  4. 2021.2.26

    本日の登山道状況

    ここ数日は暖かい日が続き、だいぶ登山道の残雪も溶けてきたようです。
  5. 2021.2.20

    ベニマシコ

    檜原都民の森では冬の間だけ、このスズメほどの大きさの「ベニマシコ」がやってきます。