都民の森ニュース一覧

展示室に巨大サンショウウオ現る?!

森林館1階にある展示室には、新たに3Dプリンターで作成した「サンショウウオ」の模型が導入されました。写真は園内に棲息しているヒガシヒダサンショウウオの幼生を、全長30センチサイズまで拡大したものです(原寸サイズは全長4~5センチ)。ヒガシヒダサンショウウオは、東京都で2年前に新種記載されたばかりのサンショウウオです。新種の両生類が東京で発見されたのは、今から40年以上昔に奥多摩町の日原川で発見されたナガレタゴガエル以来となるので、40年ぶりの発見ということになります。因みに、サンショウウオの世界では、今からおよそ90年ほど前に西多摩郡多西村(現在のあきる野市)に棲息していたサンショウウオが、新種として「トウキョウサンショウウオ」と記載されました。そのため、東京で新種記載されたサンショウウオとしては、およそ90年ぶりの発見ということになります。檜原都民の森へご来園したときは、ぜひ展示室までお立ち寄りください!

関連記事

コメントは利用できません。

都民の森ニュース

  1. 2021.4.14

    2種類の葉を出すスミレ

    売店から森林館まで歩いて行く途中、道脇ではいくつかの花が観られる季節となりました。
  2. 2021.3.31

    シカから希少植物を守る「植生保護柵」とは?

     皆さんは「植生保護柵」を知っていますか?登山道で時々見かける高さ2メートル近くあるネットの柵を、...
  3. 2021.3.13

    令和3年度写真コンテスト結果発表

    「檜原都民の森写真コンテスト」の村長賞、優秀賞が決定いたしました。
  4. 2021.2.26

    本日の登山道状況

    ここ数日は暖かい日が続き、だいぶ登山道の残雪も溶けてきたようです。
  5. 2021.2.20

    ベニマシコ

    檜原都民の森では冬の間だけ、このスズメほどの大きさの「ベニマシコ」がやってきます。