都民の森ニュース一覧

三頭山に雪が降りました

 2月11日(金)に降った雪は、森林館付近で30センチほど積もりました。山頂付近も多いところで30センチ以上の積雪があり、登山にはアイゼンやスパッツなどの装備が必須となりました。

森林セラピーロードは雪に包まれました。

 足元の雪はひざ下までありました。すでにハイカーが歩いた跡があるので、新雪で足を取られることはありませんが、ハイキングシューズか長靴がないと歩きずらい状況です。

 森林セラピーロードを5分ほど進むと、展望台が見えてきます。ベンチはすでに雪の下でした。遠くの雪景色がきれいです。実はここ、檜原都民の森の森林セラピーロードは、東京都の森林セラピー研究会が2007年に「森林セラピーロード」として認定した第1号となる道です。管理事務所のある森林館から三頭大滝まで、全長約1キロ(片道20分ほど)の道のりがあり、他にも様々な散策路が檜原都民の森には整備されています。

 森林セラピーロードの途中にこんなクイズ看板もありますので、見つけたらぜひチェックしてみてください。

 森林セラピーロードから三頭大滝方面の光景です。途中、2羽で飛び合うオオアカゲラに遭遇しました。

 ケヤキの路との分岐には、新しくあずま屋ができました。

 滝見橋の上もまっしろです。

 氷瀑した三頭大滝も、雪のなかでした。

 ブナの路もまた積雪がひざ下までありました。ハイキングにはアイゼンが必須のようです。

 歩いて行くと、途中で木の穴に向かってテン(イタチの仲間)の足跡が続いていました。ここで休憩でもしたのでしょうか?!

 ムシカリ峠の様子です。ここも積雪がひざ下までありました。山梨県側から冷たい風が吹き込み、一気に寒さを感じます。

 西峰到着です。どこも雪が多いので、休憩するときは敷物があると便利かも知れません。

 下山路では雪から飛び出た岩にアイゼンが引っかからないよう、慎重に歩いていきます。両脇にそびえるブナの巨木が圧巻です。頭上からはイカルやアトリ、ゴジュウカラの鳴き声が聞こえてきます。

 登山道のあちこちには、このような道標が設置してあるので安心して登山できます。

 途中でヒノキの木肌がボロボロになっていました。

 近づいて観察してみると・・・、ニホンジカの体毛(指先)が付着していました。ニホンジカが角を研ぐときに、身体も一緒に擦りつけたようです。

 鞘口等のテラスまで下山してきました。ここまで来たら、森林館まであと20分ほどで到着します。

 木材工芸センターまで下山すれば、除雪されていていっきに歩きやすくなりました。

 雪の三頭山はどうでしたか?いろいろな季節で変化していく三頭山登山に、ぜひ挑戦してみてください!

関連記事

コメントは利用できません。

都民の森ニュース

  1. 2022.5.7

    ヤマシャクヤク開花!

    先ほど、大滝の路(森林セラピーロード)を散策していたら、ヤマシャクヤクが開花していました。
  2. 2022.5.4

    三頭山のブナ新緑が見頃

    三頭山はブナの天然林が自生することで知られています。
  3. 2022.4.29

    ゴールデンウィーク初日

    本日は午後から雨が降り、三頭山へ向かっていた登山者も急いで下山しているようでした。
  4. 2022.4.27

    三頭山の新緑情報

     山頂付近ではイヌブナの新緑が最盛期となり、雄花が路沿いを彩る季節となりました。
  5. 2022.4.13

    春の気配

    森林館周辺では4月12日にオオルリが確認されたほか、本日13日はツツドリも園内で確認できました。