都民の森ニュース一覧

ベニマシコ

檜原都民の森では冬の間だけ、このスズメほどの大きさの「ベニマシコ」がやってきます。森林よりも草地や繁みなどを好んで、草の細かい種子や樹木の冬芽をついばんでいる姿を観察することができます。日本では夏鳥として北海道や青森県の下北半島で繁殖のために訪れることで知られていますが、関東では冬鳥として里山などで良く観察できる野鳥です。「フィッフィッフィッ・・・」などと優しい声で鳴きます。漢字では「紅猿子」と書き、真っ赤な顔をしたサルに例えらて名前がつけられたと言われています。雌はもっと茶色く地味な体色をしています。

関連記事

コメントは利用できません。

都民の森ニュース

  1. 2021.2.26

    本日の登山道状況

    ここ数日は暖かい日が続き、だいぶ登山道の残雪も溶けてきたようです。
  2. 2021.2.20

    ベニマシコ

    檜原都民の森では冬の間だけ、このスズメほどの大きさの「ベニマシコ」がやってきます。
  3. 2021.2.19

    連日の寒波で三頭大滝がご覧のとおり!

    今週の水曜の日中は朝の気温がプラス2度とポカポカ陽気でしたが、夕方になると突然マイナス8度と”超”寒...
  4. 2021.2.14

    登山道に大きな巣箱発見!「樹洞ってなに?」

    昨年の8月頃、東京で野生動物を研究している大学生たちと一緒に、森林館の横や大滝の路沿いに大きなフクロ...
  5. 2021.2.11

    三頭大滝はまだまだカチコチ

    本日の三頭大滝です。マイナスの気温が続き、しっかり凍っています。