都民の森ニュース一覧

ネコにマタタビ

駐車場から売店を過ぎていくと、ヘンテコな木の実が道に落ちていました。正体は「猫にまたたび」のマタタビの「虫こぶ」でした。マタタビの実を食べると、「また旅に出たくなる」と言われたのが名前の由来のようです。夏に開花する時期になると、葉を白くさせて昆虫を誘引させると考えられているマタタビですが、木の実以外にも「虫こぶ(Insect gall)」というモノをつけます。植物に昆虫(時にダニや寄生虫、菌類)などの寄生生物の寄生によって、ヘンテコな木の実や葉ができあがります。

檜原村では、マタタビの虫こぶを焼酎に漬け込んでいるところもあります。

関連記事

コメントは利用できません。

都民の森ニュース

  1. 2021.10.24

    現在の大滝の路 紅葉の様子

    紅葉は例年より1週間ほど遅く、まだまばらです。
  2. 2021.10.15

    浅間尾根から三頭山を眺める

    檜原村の浅間尾根から眺める三頭山の全景です。
  3. 2021.10.10

    色変わりのヤマトリカブト発見

     売店から森林館へ向かう道中、右手側に色変わりのヤマトリカブトが咲いていました。
  4. 2021.9.25

    ニホンジカ現る

     17時半に駐車場を閉鎖して園内から人影がなくなりはじめた18時半頃、どこからともなくニホンジカが...
  5. 2021.9.23

    ミニバードウォッチング

     森林館付近ではトチノキの実がたくさん落ちる季節となり、葉もだいぶ色づいてきました。