都民の森ニュース一覧

ネコにマタタビ

駐車場から売店を過ぎていくと、ヘンテコな木の実が道に落ちていました。正体は「猫にまたたび」のマタタビの「虫こぶ」でした。マタタビの実を食べると、「また旅に出たくなる」と言われたのが名前の由来のようです。夏に開花する時期になると、葉を白くさせて昆虫を誘引させると考えられているマタタビですが、木の実以外にも「虫こぶ(Insect gall)」というモノをつけます。植物に昆虫(時にダニや寄生虫、菌類)などの寄生生物の寄生によって、ヘンテコな木の実や葉ができあがります。

檜原村では、マタタビの虫こぶを焼酎に漬け込んでいるところもあります。

関連記事

コメントは利用できません。

都民の森ニュース

  1. 2022.5.7

    ヤマシャクヤク開花!

    先ほど、大滝の路(森林セラピーロード)を散策していたら、ヤマシャクヤクが開花していました。
  2. 2022.5.4

    三頭山のブナ新緑が見頃

    三頭山はブナの天然林が自生することで知られています。
  3. 2022.4.29

    ゴールデンウィーク初日

    本日は午後から雨が降り、三頭山へ向かっていた登山者も急いで下山しているようでした。
  4. 2022.4.27

    三頭山の新緑情報

     山頂付近ではイヌブナの新緑が最盛期となり、雄花が路沿いを彩る季節となりました。
  5. 2022.4.13

    春の気配

    森林館周辺では4月12日にオオルリが確認されたほか、本日13日はツツドリも園内で確認できました。