都民の森ニュース一覧

ニホンジカのはなし

近年、「ニホンジカの個体数が増加して希少な山野草が食べられてまう」と言った、「シカの食害」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。しかしながら、明治から大正時代にかけて狩猟や人工増加などの影響で、シカは著しくその個体数を減らしてきた時代がありました。東京都でも、国の雌シカ捕獲禁止とともに、1976年には奥多摩町を雄シカ捕獲禁止エリアへ指定。さらに1984年には雲取山周辺を鳥獣保護区にすることによって、シカの保護をしてきました(平成29年「第5期東京都第二種シカ管理計画(東京都発行)」より)。

すごく山奥に住んでいるイメージのシカたちですが、実は人間の生活と深く関わりがあるようですね。

 

関連記事

コメントは利用できません。

都民の森ニュース

  1. 2020.6.2

    ご来園の際は感染症予防対策を徹底しましよう

    施設の再開お待たせいたしました。
  2. 2020.5.31

    5月30日から檜原都民の森は再開しました。

    檜原都民の森は5月30日から駐車場と駐車場内トイレ、森林館管理事務所窓口のみを開けて再開いたしました...
  3. 2020.5.26

    現在の新緑情報

    臨時休館の檜原都民の森では、徐々に新緑が進んでいます。
  4. 2020.5.24

    色変わりのベニバナツクバネウツギ

    ツクバネウツギの変種で、標高1,000m付近で見かける「ベニバナツクバネウツギ」ですが、ピンク色で色...
  5. 2020.5.19

    ニホンジカのはなし

    近年、「ニホンジカの個体数が増加して希少な山野草が食べられてまう」と言った、「シカの食害」という言葉...