都民の森ニュース一覧

ニホンジカのはなし

近年、「ニホンジカの個体数が増加して希少な山野草が食べられてまう」と言った、「シカの食害」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。しかしながら、明治から大正時代にかけて狩猟や人工増加などの影響で、シカは著しくその個体数を減らしてきた時代がありました。東京都でも、国の雌シカ捕獲禁止とともに、1976年には奥多摩町を雄シカ捕獲禁止エリアへ指定。さらに1984年には雲取山周辺を鳥獣保護区にすることによって、シカの保護をしてきました(平成29年「第5期東京都第二種シカ管理計画(東京都発行)」より)。

すごく山奥に住んでいるイメージのシカたちですが、実は人間の生活と深く関わりがあるようですね。

 

関連記事

コメントは利用できません。

都民の森ニュース

  1. 2021.5.15

    リモート自然教室(野鳥編)

     新型コロナの影響で、ここ檜原都民の森も長い間臨時休館をしています。
  2. 2021.5.13

    アミガサタケ発見

     園内を散策していると時々見かけるこのアミガサタケは、園内だとモミやツガが生えている場所で見つける...
  3. 2021.5.4

    臨時休園中の檜原都民の森より

    緊急事態宣言による自粛で外出できずにいる皆様へ、「本日の檜原都民の森」をお届けいたします。
  4. 2021.4.28

    約60年前の植物標本発掘?!

     檜原都民の森で自然教室の講師をしている高校の元教員が、自身が勤める高校で発掘した1958年(63...
  5. 2021.4.14

    2種類の葉を出すスミレ

    売店から森林館まで歩いて行く途中、道脇ではいくつかの花が観られる季節となりました。