都民の森ニュース一覧

ニホンジカのはなし

近年、「ニホンジカの個体数が増加して希少な山野草が食べられてまう」と言った、「シカの食害」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。しかしながら、明治から大正時代にかけて狩猟や人工増加などの影響で、シカは著しくその個体数を減らしてきた時代がありました。東京都でも、国の雌シカ捕獲禁止とともに、1976年には奥多摩町を雄シカ捕獲禁止エリアへ指定。さらに1984年には雲取山周辺を鳥獣保護区にすることによって、シカの保護をしてきました(平成29年「第5期東京都第二種シカ管理計画(東京都発行)」より)。

すごく山奥に住んでいるイメージのシカたちですが、実は人間の生活と深く関わりがあるようですね。

 

関連記事

コメントは利用できません。

都民の森ニュース

  1. 2021.2.26

    本日の登山道状況

    ここ数日は暖かい日が続き、だいぶ登山道の残雪も溶けてきたようです。
  2. 2021.2.20

    ベニマシコ

    檜原都民の森では冬の間だけ、このスズメほどの大きさの「ベニマシコ」がやってきます。
  3. 2021.2.19

    連日の寒波で三頭大滝がご覧のとおり!

    今週の水曜の日中は朝の気温がプラス2度とポカポカ陽気でしたが、夕方になると突然マイナス8度と”超”寒...
  4. 2021.2.14

    登山道に大きな巣箱発見!「樹洞ってなに?」

    昨年の8月頃、東京で野生動物を研究している大学生たちと一緒に、森林館の横や大滝の路沿いに大きなフクロ...
  5. 2021.2.11

    三頭大滝はまだまだカチコチ

    本日の三頭大滝です。マイナスの気温が続き、しっかり凍っています。