都民の森ニュース一覧

スミレのお話しパート3

葉が丸く花の白いマルバスミレは、園内だとセラピーロードやかおりの路などに点在するようにして自生しています。写真のマルバスミレをよく観察すると、細かい「毛」が確認できます。これを変種のケマルバスミレと分けて呼ぶ人もいます。スミレの世界に限らず、植物の分類方法では「種」をさらに「亜種、変種、品種、雑種」などに細分化して分類することがよくあります。

さらにスミレは種子を実らせると、種子にエライオソームという物質を付けます。これに誘引されたアリは、餌として種子を巣穴へ持ち帰ると、このエライオソームだけを食べて種子を巣穴に残します。そうすると巣穴に残った種子は、乾燥を避けるだけでなく、親よりも遠くに分散して発芽することで、子孫の分布エリアを広げることができます。

こんなに小さな花にも関わらず、スミレの世界はとても広いですね。

関連記事

コメントは利用できません。

都民の森ニュース

  1. 2021.7.20

    ツリークライミング教室を開催しました

     7月17日(土)に、特別イベント「ツリークライミング教室」を開催いたしました。
  2. 2021.7.14

    リモート自然教室(アサギマダラ飛来!)

     この時期、檜原都民の森の森林館や木材工芸センターでは毎年のように「アサギマダラ」というマダラチョ...
  3. 2021.7.11

    ギンバイソウの開花

    今朝、ギンバイソウの開花を確認しました。
  4. 2021.6.19

    リモート自然教室(ヤマネ編)

     皆さんはニホンヤマネをご存知ですか? 日本に棲息するニホンヤマネは、げっ歯目ヤマネ科ヤマ...
  5. 2021.6.13

    ヤグルマソウの花

     園内では毎年6月中旬になると咲きはじめるユキノシタ科のヤグルマソウは、森林館真下のトンネル出口付...