都民の森ニュース一覧

スミレのお話しパート3

葉が丸く花の白いマルバスミレは、園内だとセラピーロードやかおりの路などに点在するようにして自生しています。写真のマルバスミレをよく観察すると、細かい「毛」が確認できます。これを変種のケマルバスミレと分けて呼ぶ人もいます。スミレの世界に限らず、植物の分類方法では「種」をさらに「亜種、変種、品種、雑種」などに細分化して分類することがよくあります。

さらにスミレは種子を実らせると、種子にエライオソームという物質を付けます。これに誘引されたアリは、餌として種子を巣穴へ持ち帰ると、このエライオソームだけを食べて種子を巣穴に残します。そうすると巣穴に残った種子は、乾燥を避けるだけでなく、親よりも遠くに分散して発芽することで、子孫の分布エリアを広げることができます。

こんなに小さな花にも関わらず、スミレの世界はとても広いですね。

関連記事

コメントは利用できません。

都民の森ニュース

  1. 2020.6.2

    ご来園の際は感染症予防対策を徹底しましよう

    施設の再開お待たせいたしました。
  2. 2020.5.31

    5月30日から檜原都民の森は再開しました。

    檜原都民の森は5月30日から駐車場と駐車場内トイレ、森林館管理事務所窓口のみを開けて再開いたしました...
  3. 2020.5.26

    現在の新緑情報

    臨時休館の檜原都民の森では、徐々に新緑が進んでいます。
  4. 2020.5.24

    色変わりのベニバナツクバネウツギ

    ツクバネウツギの変種で、標高1,000m付近で見かける「ベニバナツクバネウツギ」ですが、ピンク色で色...
  5. 2020.5.19

    ニホンジカのはなし

    近年、「ニホンジカの個体数が増加して希少な山野草が食べられてまう」と言った、「シカの食害」という言葉...