都民の森ニュース一覧

ウグイスの巣にホトトギス!?

「ウグイスの巣からヒナが落ちています!」と、5日ほど前に駐車場からあった連絡に駆けつけると、バイク用の駐車スペースに1羽のヒナがいました。よく観察すると、ホトトギスの巣立ち雛のようでした。ホトトギスはウグイスの巣に托卵(たくらん)と言って、卵を産み落とし、ウグイスに育ててもらうという不思議な行動をとります。ウグイス(仮の親)が観ていないすきにホトトギスのヒナを巣へ戻すことができて一件落着です。もし野鳥のヒナが落ちていても、拾って持ち帰ってしまうことで親鳥が「子どもを連れ去られた!」と思い、巣を放棄してしまうことがあります。巣からヒナが落ちても、親鳥は遠くから我が子を見守って餌を運んできます。もし落ちているヒナを見つけてもそのままにするか、素手で触らないようにヒナを草むらへ置いておくだけ大丈夫です。また、野鳥は鳥獣保護法で守られているので、許可無しで飼育したり、捕まえることができません。

関連記事

コメントは利用できません。

都民の森ニュース

  1. 2020.10.24

    木材工芸センターで当日申込みできるイベントへ参加しよう!

    木材工芸センターでは、事前申し込み無しで、いつでも参加できる「ミニ木工教室」や、無料で体験できる「キ...
  2. 2020.10.23

    誰のシワザ?!

    今年は園内でクリの実が大量に落ちている珍しい年となりました。
  3. 2020.10.19

    ホソバツルリンドウ開花

    セラピーロードの途中でホソバツルリンドウの開花がみられました。
  4. 2020.10.13

    山頂付近の紅葉状況

    写真は中峰の近くの風景です。
  5. 2020.10.12

    三頭山のカエデ

    檜原都民の森ではおよそ20種類のカエデが確認されています。こうやって並べてみるとキレイですね。