都民の森ニュース一覧

ウグイスの巣にホトトギス!?

「ウグイスの巣からヒナが落ちています!」と、5日ほど前に駐車場からあった連絡に駆けつけると、バイク用の駐車スペースに1羽のヒナがいました。よく観察すると、ホトトギスの巣立ち雛のようでした。ホトトギスはウグイスの巣に托卵(たくらん)と言って、卵を産み落とし、ウグイスに育ててもらうという不思議な行動をとります。ウグイス(仮の親)が観ていないすきにホトトギスのヒナを巣へ戻すことができて一件落着です。もし野鳥のヒナが落ちていても、拾って持ち帰ってしまうことで親鳥が「子どもを連れ去られた!」と思い、巣を放棄してしまうことがあります。巣からヒナが落ちても、親鳥は遠くから我が子を見守って餌を運んできます。もし落ちているヒナを見つけてもそのままにするか、素手で触らないようにヒナを草むらへ置いておくだけ大丈夫です。また、野鳥は鳥獣保護法で守られているので、許可無しで飼育したり、捕まえることができません。

関連記事

コメントは利用できません。

都民の森ニュース

  1. 2021.4.14

    2種類の葉を出すスミレ

    売店から森林館まで歩いて行く途中、道脇ではいくつかの花が観られる季節となりました。
  2. 2021.3.31

    シカから希少植物を守る「植生保護柵」とは?

     皆さんは「植生保護柵」を知っていますか?登山道で時々見かける高さ2メートル近くあるネットの柵を、...
  3. 2021.3.13

    令和3年度写真コンテスト結果発表

    「檜原都民の森写真コンテスト」の村長賞、優秀賞が決定いたしました。
  4. 2021.2.26

    本日の登山道状況

    ここ数日は暖かい日が続き、だいぶ登山道の残雪も溶けてきたようです。
  5. 2021.2.20

    ベニマシコ

    檜原都民の森では冬の間だけ、このスズメほどの大きさの「ベニマシコ」がやってきます。